公認会計士中川平八郎事務所

会計業務

決算検討会と経営診断

1.節税対策
将来的に有効なお金を使うことによって税負担を軽減します。
「特別償却」、「増加償却」、「税額控除」の活用、従業員の士気向上のための「決算賞与支給」
2.利益確保/赤字縮小対策
赤字が予想される場合、含み益を有する固定資産の売却によって、黒字決算への方策や赤字額を最小限にすることを検討します。
3.金融機関対策
金融機関は、各融資先をスコアリング化(点数化)し今後の融資の方向性を見極めて決定しています。
特に決算書によっては、融資枠縮小や厳しい条件への変更も考えられています。
そこで、決算対策では金融機関の目で決算書を分析することも重要となります。