公認会計士中川平八郎事務所

会計業務

自計化経理

自計化とは

社内で会計データを処理し、毎月の試算表等の会計帳簿を作成することからはじまり、さらに、試算表や決算書を読める段階を自計化といいます。つまり、自らが会計帳簿を作成し、財務諸表から会社の実態を把握でき、経営判断の材料となることが自計化の本来の目的といえます。

新しい形の自計化

起業段階では、限られた時間や人材を本業に集中するために、記帳代行や経理処理などを外部にアウトソーシングすることは十分合理的な考え方です。
一般的には、記帳代行や経理処理の外部委託では、どうしても業績の情報の把握までにタイムラグが生じてしまいます。そこで弊社では記帳代行と自計化を組み合わせた効率的な経理体制を提案していきます。
さらにクラウドや会計ソフトをうまく組み合わせることで、ジャスト・イン・タイムで業績情報を捉えられる仕組みづくりを目指します。

新しい形の自計化

当事務所の自計化支援

1.はじめての方でも安心!
 「はじめて」でもご安心ください。お客様の会計能力に応じ、段階を踏んで自計化へと導きます。
2.経理担当者の方の作業が効率化
 経理担当者の方の作業負担の軽減が図れるよう、従来の経理処理を確認し、より正確で迅速な記帳の仕方などをサポートします。
3.スピーディーな経営判断が可能に!
 先を見据えた経営判断ができるようになります。